忍者ブログ

「温暖化対策について」の詳細記事: よせてはかえす

よせてはかえす

合気道のゆるゆる稽古雑記など

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Navigation

温暖化対策について

1990年比CO2削減25%の与太話を書いたので関連して

■高い限界削減費用に一定の理解 欧米で評価された麻生中期目標
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/yamaguchi/60/index.shtml

■岡田克也の発言
http://www.katsuya.net/opinion/2009/06/post-162.html

民主党地球温暖化対策本部
本部長 岡田 克也

○本日、麻生総理大臣は、地球温暖化対策に関して、わが国の温室効果ガス排出削減の2020年における中期目標を発表した。今回の「2005年比15%削減」という目標では、地球温暖化対策としても全く不十分なものである。
○まず、「2005年比15%削減」は、1990年比では8%削減に過ぎず、IPCCの最新の科学的知見が求めている、先進国全体で2020年に90年比25~40%削減が必要との要請には到底及ばないものであり、国際社会に大きな失望を与えることは間違いない。

>1990年比CO2削減25%とは現在の数値から30%を越える削減目標になる。日本は先進国の中でも一人当たりのCO2排出量は先進諸国とあまり差はないものの(アメリカがダントツ1位)、国の排出総量は少なく、かつ省エネ技術の最先端をいく国である。その現状を踏まえずに根拠のない技術革新をアテにして目標を全世界規模の最低値に設定している。ぶっちゃけ日本が15%削減するよりアメリカが1%削減するほうがCO2の排出総量は減るのだ。


○ 次に、総理自らが基本原則として「主要排出国の全員参加」と言いながら、このような低い目標を打ち出せば、先進国に野心的な目標を求めている中国やインド をはじめとする途上国が強く反発することは必至であり、新たな枠組みへの参加を促すことが本当にできるのか、甚だ疑問である。

>国内の反発を省みずに実現不可能な削減目標を他国との外交カードにすることなく掲げることのほうが外交手段としてでさえ甚だ疑問である。


○EUの目標は90年比で20%削減であり、京都議定書の削減義務を実現した上で、さらに積み増すというものである。現状で90年比9%増と京都議定書の約束の達成が疑問視されている日本とは全くレベルが違う話である。

>EUの目標が高いのは低炭素の東欧を含んで試算しているから削減余地があるだけ。


○また、総理の会見では、国民の負担・コストに再三言及されたが、国民負担の増加や経済の減速のみを強調することは妥当ではない。
○ オバマ政権の掲げる緑のニューディールは、まさに地球温暖化対策と経済成長は両立可能であるということであり、日本でもさらなる温暖化対策を講じることに よって、内需拡大や雇用創出、省エネ技術の普及によるエネルギーコストの低減、エコ製品のマーケット拡大に伴う経済効果が期待できるはずである。総理の発 言は、国民に大きな誤解を与えるものである。

>民主党は補正予算見直しで文部省の小学校への太陽光パネルの予算を削ると発言したばかりですね。(岡田さんの財布の)イオンと(小沢と前なんとかさんの以下略)京セラが太陽光発電パネルの販売提携の発表してたので準備ができるまでの時間かせぎでしょうか。


○さらに、総理の会見では、地球温暖化対策を遅らせれば、生態系の破壊をはじめ、洪水、土砂災害、農作物の収穫への損害など大きな被害が生じるという観点が全く見受けられない。このことに対応するためにも、民主党は、未来への責任として、温暖化対策を積極的に講じていく。

>そんなこたぁ、言うまでもねぇだろが、だから国際会議やってんじゃねぇか(笑)
あれだけ必要なダムを建設中止にする党に治水の何がわかるって?

○ このような観点を踏まえ、民主党は、地球温暖化対策基本法案において、温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比25%削減することを中期目標 として明示した。あわせて、国内排出量取引制度や地球温暖化対策税、固定価格買取制度の創設、就業機会の拡大や新規産業への投資の促進等を行い、目標の達 成をめざしている。政権交代を実現し、新たな枠組みに米国や中国、インドその他の途上国の参加を求めて、国際社会に強く働きかけていく決意である。

>「総理の会見では、国民の負担・コストに再三言及されたが、国民負担の増加や経済の減速のみを強調することは妥当ではない」と判断する民主党らしい増税容認発言。一番目の引用コラムを読んでいただければわかると思いますが、麻生さんは真水で15%削減すると言ったんです。この発言ひとつで排出権売買に群がる欧米中のあやしげな投資ファンドを一蹴したわけですが、逆に民主党は税金をドブに捨てる気まんまんのようですね。まあ、こんな記事一つとっても婉曲表現というか嫌味に気付かないあたりお粗末すぎますが。


拍手[0回]

PR

Navigation

「温暖化対策について」にトラックバックする

「温暖化対策について」へのトラックバック

「温暖化対策について」へのコメント

「温暖化対策について」にコメントする

コメント作成

Navigation

Copyright ©  よせてはかえす  All Rights Reserved.
  • 忍者ブログ
  • [PR]

menu

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/10 石川です]
[12/24 石川です]
[12/24 石川です]
[09/03 aikijpこと石川です。]
[11/30 管理人]

最新記事

(11/14)
(05/01)
(02/13)
(11/08)
(06/28)

最新トラックバック

プロフィール

HN:
松露
性別:
女性
趣味:
合気道
自己紹介:
三十路越えの主婦です。
合気道の軌跡を記すために開設してみました。
テキトーなことばかりですので、生暖かい目で見守ってください。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(05/25)
(05/26)
(05/27)
(05/28)
(05/29)

P R

カウンター

ふりーえりあ